ひまりりす

着ぐるみのために生きてゆきたい。そんな人です。

カテゴリ: 仕事としての着ぐるみ

今回はGW後半戦のお話。
ハプニングもたくさんあったのですが、そんなコトどうでもいいくらいに体力を消耗しました・・・。
ちょっとグチっぽい部分もありますが、ショー現場の裏側をご紹介できればと思います。
続きを読む

去年のGWはショーを観る側だったわけですが、今年は演じる側ということで。
写真などを期待して頂いた方には申し訳ないです。m(_ _)m
GW前半のお仕事中に起こった、ハプニングや困った出来事を紹介しようと思います。
続きを読む

去年のクリスマスから1月第2週まで、
お仕事をたくさん頂いて楽しい時間を過ごさせて頂きました。

特に、1月第2週の3連休は「◯◯がやって来る!」系の
イベントを担当して貴重な経験ができました。
かなり動きづらい衣装だったので、
思い通りのパフォーマンスが出来るか不安でしたが、
何とかなるものですね。(^_^;)

少しでも可愛く見せるために中腰で背を低くしてたので、
「中の人、小学生?」とか「本当に人間が入ってるの?」とか、
大人のお客さんの反応が面白かったです。(^^)

衣装全部で15kg弱くらい?で1回40分程度。
着てると暑い、脱ぐと寒い(気温は7度なので当然)という状態なのでした。

着ぐるんでいる時は楽しくて、幸せ全開なのですが、
行き帰りの車中ではぐったり。3日連続はちょっと大変だったかな?


その他、スタッフとして参加中にキャラクターの
衣装が着崩れてくるというハプニングも。
いったん控室に戻ってもらって、次のセリフまでの数分間に応急処置。
この時から、私は「安全ピン・ガムテープ・荷造り用ロープ」を
三種の神器と勝手に呼んでおります。(^_^;)
(他にもハサミとかシャンプーとか
 粘着テープのコロコロとかも大事だけど、ね。)


さて、今年はうちの娘の動画を中心に
ブログを続けていければ・・・、なんて目標を立てています。

最近キャラショーを観に行けていないので、読者の皆さんに
なんだか申し訳ないなと思いつつ、今回もショー事務所でのお仕事のお話。

先日の現場で、初めて女の子キャラを任されました。
地方のイベントの賑やかしが主なお仕事です。

初の女の子キャラということで、先輩(女性)が着替えているのを見て
衣装の着用方法を学ぶのですが、それは要するに先輩の生着替えを
見るということで・・・。正直、目のやり場に困りました。(^_^;)

女の子キャラなので、小さな女の子たちに大人気で、
会場に遊びに来ていた女の子2人と手を繋いでお散歩。
中の人的には、両手に花状態なのでした。
別れ際に握手やハグをしたり、キスしてくれた子もいましたね。
ちなみに、保護者のお父さまともハグ。
お父さまデレデレでしたが、中身は男性です、ごめんなさい。m(_ _)m

ステージに上がってキャラクター紹介のようなミニイベントにも参加。
普段だと緊張してステージに上がるなんて気が引けてしまいますが、
キャラになりきってると全然緊張しないから不思議。

大人の皆さんは「暑いでしょう?ご苦労様。」って
気遣ってくれて優しかったです。(「暑さ」に関しては後述…)
「コレ持って行って!」とお菓子などもサービスして頂いて。
「頭、重いでしょ?少しだけ持ち上げてあげるね。」
と言って実際に少し頭を持ち上げて下さったおじちゃん、
確かに頭は重いので優しさが心に染み入る・・・のですが、
あごの部分で頭を固定している関係上、着ぐるみの頭を
持ち上げられると中の人は窒息しそうになります。
皆さんも着ぐるみさんには優しく接してあげて下さい。m(_ _)m

あの日1日で何回「かわいいー!」って言われたか分からない感じですが、
1番嬉しかったのは、女子中学生とのこんな会話。
「ねぇ、中の人、男?女?」
当然ながら中の人なんていない設定なので、
『何のこと?』ってリアクションをとってると、
しばらく私(着ぐるみ)を観察した後に
「女の子らしい仕草だから女だね。ねぇ、何才?彼氏いる?」
日頃の練習の成果でしょうか?ちゃんと女の子らしく
振る舞えていたようで、とてもハッピーなのでした。

今回の反省点は、ずばり「体調管理」ですね。
もうすっかり秋なので、大丈夫だろうと思って水分補給を
怠っていたら、ほんの少しだけ熱中症気味でした。(^_^;)
衣装の重さと通気性のなさを甘くみてました、ハイ。
控室でお面を取った時、「空気ってこんなに涼しいんだ。」って。
次回から気をつけます、と同時に、
来年の夏に向けて体力づくりの必要性を感じた現場でした。

ショー事務所に入って4ヶ月。
10月上旬に初舞台、のはずでした。

詳しく書けないのが悔しいところですが、
衣装が合わずに私の初舞台は夢と消えました・・・。
(記事タイトルから察してください…。)

でも、「グリーティング」という形で
着ぐるみデビューすることはできました。(^^)
とあるキャラに入って、会場内のお客さんと
握手したり、ハグしたり、記念写真を撮ったり。
10月とはいえ気温は30度超えていたので汗だくでしたが、
30分の持ち時間があっという間に過ぎてしまいました。
ささやかながら、お客さんたちの
思い出の一部を創ってあげられていると思うと感無量です。

本当に「着ぐるみ」って楽しいですね。

必ず次のチャンスが巡ってくるはずなので、日々練習です…。

(写真も動画も無い記事ですみませんでした。)

↑このページのトップヘ