今回はゼンタイ(=全身タイツ)のお話。

以前、お世話になった方から、またお誘いが!
今回は、私もmyゼンタイ持参でお伺いしました。
緑のゼンタイがお相手の方で、水色のゼンタイが私。
ちょっと大人向きの内容だから、
小さなお友達はここで読むのを止めてくれると嬉しいな。(^_^;)
写真 2015-10-05 20 09 29.jpg



実は私、着ぐるみ用のゼンタイ(肌タイ)はよく着ますが、
フルフェイスのゼンタイは今回が初体験なのでした。
(この日のために、あやめ商店さんでオーダーメイドしましたよ!)

でね、2人で抱き合ったり、気持ちのいいコトとか、たくさんしたのだけど、
私には初体験なことばかりで、頭の中が「ぽわぁー」ってなってました、えぇ。

まず抱き合った時点で、着ぐるみの時とは違う温もりを感じて思わず「暖かい・・・」と。
相手の身体の柔らかさや・少し霞んだ視界・適度な息苦しさで、
本能的(?)に「幼少期に母親に抱かれていた記憶」が蘇りました。
(ここで母親を思い出すあたり、まだ大人になりきれていないというか、自分ってマザコンなのかな・・・?とか思考がグルグル・・・。)

気持ちのいいコトも、ゼンタイ越しだと布どうしの摩擦で経験したことのない快感。
お相手から「震えてるけど大丈夫…?」と心配される始末。(^_^;)

なんだろう、ゼンタイ越しだと視界が霞んでるもので、
普段より大胆になっちゃうの・・・か…な?
「初めて」をたくさん経験しちゃいました。
(具体的には書きませんが。)

特に「人間の温もり」とは、こんなにも心安らぐものなのか。
と、驚いています。

少し大人になれた気がした1日でした。

(iPhoneよりスクリーンショット)
写真 2015-10-07 18 42 45.png