先日、ご当地キャラ約20体が参加する運動会に中の人として参加しました。
20体もいると、控室の光景も絶景ですよねー。あはは・・・。

春らしい陽気だったので暑いのはともかく、直前までの雨で湿度が高く、
着ぐるみに閉じ込められて蒸し料理にされているような感覚。
他のキャラクターさんたちも「暑い暑いー」って言ってました。
ご当地キャラの運動会ということで、中の人は
自治体の職員さんやボランティアの学生さんが多かったです。
男女比でいうと、意外と女性が6割くらい。
だけど、着ぐるみ専門(というかセミプロ?)で
やっている人は私1人だったという・・・。

開会式直前になると、控室のテントの中に登場順に並ばないといけないのですが、
みんな身体が大きいのに視界が狭いからスタッフさんが総出で、
「○○くんが3歩後ろに下がって、××ちゃんは右向け右で2歩前に、・・・。」
というパズル状態。
しかもテントの中は外から見えないように外幕を貼ってあるので、
風が通らずに蒸し蒸し具合が上がっていきます。(>_<)

他のキャラクターたちは時々休憩を挟んで、そのたびに中の人を変えて登場するのですよ。
だから、いつ見てもそれなりに元気。
そんな中、私は1人で全競技やっちゃいました。(^_^;)
いや、すごく楽しかったです。
普段は50m12秒くらいかかるのに、あの日はかけっこで優勝、
ゴールにある白いテープを切ったのは人生初かも。
でも最終競技のサッカーは正直辛かったですね。
サッカーという名の「10分間耐久地獄のボール転がし」だもの。

TV局のキャラクターに絡みにいったり、
新聞社のカメラマンにちょっかいを出したりしていたら、
地方局(テレビ)のニュースに映って、
さらには翌日の新聞にカラー写真で掲載されてました。
20体もいるキャラクターの中から、うちの子を選んでくれた
(=中の人の意図を汲んで下さった)新聞社のカメラさんに感謝です。m(_ _)m

(ブログのアクセス数が10万人を超えました、ありがとうございます。)